オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ボトックスの顔

多汗症やワキガ治療に効果がある、美容外科治療のボトックス注射はメスを使用しない治療方法です。
ボトックス注射はタンパク質の一種で、アレルギーや副作用などの心配がないと言われています。
ワキの下に注入することによって、アポクリン腺やエクリン汗腺などの活動を抑制する効果があります。
そのため、多汗症を抑えたりワキガなどを改善することができます。
ボトックス注射は、5分から10分程度で終了することができることから、気軽におこなうことができる美容外科治療として支持されているようです。
ボトックス注射はおよそ6から1年ほどの期間発汗を押させることができますが、永久的なものではありませんので定期的に施術をすることで効果を持続することができます。
症状がひどい方の場合には、切開による治療とレーザー治療をによって再発を防止することができると言われています。
切開治療はワキのシワに沿って切開し、汗の原因だと言われているアポクリン腺やエクリン腺を切除していく方法です。
Read more

ボトックスを注射した前後の顔

多汗症でお悩みの方も多いと言われています。
汗をかくことで体温の調節をおこなっていますが、多汗症というのは汗が必要以上に増加してしまう症状のことを言います。
頭部や手やワキなどに多く見られる症状で、エクリン汗腺から汗が過剰に分泌されてしまうと言われています。
多汗症は全身性のタイプと、身体の特定の部分に発生する局所性のものとがあるようです。
手や足、脇の下や股間などには特に汗腺が多い部分なこともあり、汗をかきやすいと言われているようです。
精神的な緊張などによって発汗が増加するとも言われています。
発汗量が多い方の場合は、汗を吸い取ると変色をするヨード紙や発汗記録計などを使用して発汗量を測定することができます。
多汗症やわきがなどの症状を改善させる効果がある治療方法として、美容外科などではボトックス注射をおこなっています。
その他にも水道水イオントフォレーシスと呼ばれている治療方法や交感神経遮断治療などがあります。
Read more

ボトックスを注射したサングラスの女

美容外科では多汗症やわきが、制汗の治療にボトックス注射を用いることが多い。
従来では、脇をメスで切って汗が出る原因の汗腺を取り除くことで治療をしていたが、今ではボトックスの注射を用いることで美容外科でも治療ができるようになった。
これは、アセチルコリンの分泌作用を抑える作用があり、多汗症の原因の汗の量や臭いを抑えることができる。
ボトックスの注射をし終わったら、そのまま美容外科から帰ることが出来るし、その後傷跡が残ったり腫れるようなこともない。
1回のボトックス注射で約半年から1年間の効果があります。
多汗症の範囲は脇だけでなく、手足やおでこにもボトックス注射をすることができます。
美容外科によって施術時間は異なるが、大体5~10分程度で1回の施術時間が非常に短い。
多汗症程度ならこのボトックス注射でも十分効果があるが、多汗症とわきがを併発している場合は、他の機械を使った施術や汗腺を取り出す施術になる。
効果が切れたと思ったら美容外科と相談して、再度ボトックス治療をすることができ、手軽に何回でもできることも利点の一つである。
夏だけ短期間だけ多汗症の症状を抑えたい人や、美容外科でメスを使ったりせず手軽に治療したい人におすすめできる。
大半の美容外科では施術の前に医師とのカウンセリングをすることができる。
この時に症状に合っているのがどの治療方法なのか医師と十分に相談してどの施術が自分にとってメリットが多いか決めることを勧める。
Read more